スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
博物館にて
先週末、九州に行ったついでに北九州の「いのちのたび博物館」まで足をのばしてみました。
ここの展示は自然史系が充実しているんだけど、なかにはこんな展示も!
bingata.jpg
江戸時代の「紅型」。素材は麻なんですよね。

__ISO-2022-hare.jpg
江戸時代の「晴れ着」。大名家から出たものらしい。

他にもいろいろな江戸時代の着物が展示されていました。紋付なのに木綿だったりするのは今と違うけど、形は基本的に今の着物と一緒。着物のスタイルってのは、もうずいぶん昔に確立されたものだということがわかりますね。
よく「日本人はキモノが一番似合うのに、なぜキモノを着ない?」みたいなことをいうガイジンがいますが、150年以上前のスタイルで現代生活を営むのは、なかなか不都合も多いといえるでしょう。
西洋なら、コルセットの時代ですから。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | comments(2) | trackbacks(1) | top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。