スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
これってどんな反物よ? 黄色の紬(3)
前回に引き続き黄色の紬反物をどう見るかの話です。

たこQ氏「でもね、これはそれほど手の込んだ織り方ってわけじゃないのよ。それが判断できるのはね……この絣模様の出方をよく見ると……」
20070622234045.jpg

↑ということで、絣柄のアップです。写真をクリックして大きくして見てください。

たこQ氏「これは部分的に染めた糸を織ることで模様を出しているんだけど、よく見るとわかるように、横糸だけで模様を作り出しているのよ。」
私「確かに、緑の色が入っているのは横糸だけで、縦糸は黄色一色だけみたいですね。」

たこQ氏「つまり、縦糸と横糸の組み合わせで模様を出しているものに比べて、手間がかかっていないの。」
なるほど、私が「柄の出し方が大雑把に思える」と感じたのは、そういうところに理由があったのでしょう。

たこQ氏「それから糸の質についても、織りからだいたい推しはかれる。ふつう人情として、手の込んだ織り方をするなら糸もできるだけいいものをつかうし、簡単な織り方のときはそこまではしない。この反物の場合、「(特にすごくいいというわけではない)ふつうのもの」だと思うの。」
なるほど、大衆食堂で超高級食材が使われているはずがないという理屈ですね。

しかし、いろいろ話を聞いてみると、本当に反物のはじを見るだけでいろいろなことがわかってびっくり。私って、本当に今まで色と模様しか見てこなかったんだなあと反省しました。

さて「黄色の紬」についてはこれぐらいにして、次回は「染め」の反物を見てもらおうと思っています。
スポンサーサイト
この記事のURL | 反物の見方 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する


top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。