スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
これってどんな反物よ(3) セール品の小紋
前回に引き続きセール品の小紋反物の話。

たこQ氏「機械プリントで染めるというのは「手がかかっていない」っていうことよね。この間の紬の時も同じようなこと言ったけど、生地のランクに見合った織りや染めがなされるわけだから、この場合の生地のランクもまあ推して知るべし……。」
なるほど、ここでも「大衆食堂に高級食材なし」の法則ですね。

しかしこの反物、「機械で染めた手頃なもの」というカミングアウトのうえで買ったものだから納得もいくけど、「正絹の反物がナント1万円ですよ(←ウソではない)」とか言われて買ったものだとしたら、不愉快でしょうね~。

そういう不愉快な話は山ほど聞くし、また売り子に悪意がなくても「知らない」ということで結果的に買う人を騙しているケースは多々あるようですね。オークションなどで買う場合、売り手もわかっていないと考える方が自然ですしね。

さて、今回の「機械プリント」の反物の説明、「手で染めてあるもの」との比較がないとわかりにくいと思うので、次回は「はけで染めてあるもの」を紹介したいと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | 反物の見方 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する


top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。