スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
これってどんな反物よ? 黄色の紬(2)
前回に引き続き反物の見方の話、私の持っている黄色の紬の反物をどう見るか?

私「機械じゃなくて手織りってのは、どこを見ればわかるんですか?」
たこQ氏「ポイントはいくつかあるんだけどね、この織り出しのところがふさふさになっている……手織りのものっていうのは、こういう状態になっていることが多い。」
おお、そうなのか?
たこQ氏「これをよく見ると、横糸は真綿をほぐした紬糸で、縦糸はふつうの生糸ってことがわかるよね。」
確かに、
ヨコ糸→ふさふさとした紬糸、何本か集合になって、真綿だったころの様子が伺える。織り始めにハタの調子を安定させるために、太い糸で織った後なのだと考えられる。

タテ糸→こっちはふつうの絹糸。つやつやしてきれいな縦糸。機械織りのものは、これがぷっつり裁断されたようになっていることが多いらしい。


20070618232259.jpg
たこQ氏「それから反物の耳を見ると、耳に赤い色が入っているの。(→)これは絣のシルシ。」
20070619222436.jpg

ほう、この「赤い耳」って、昔から不思議だったのですよ。確か幸田文の小説でも、主人公が反物の「赤い耳」を不思議に思うくだりがあったと思います。友人たこQ氏にによると、この赤い耳は織るときの目印になるものだとか。(糸を染めるときにつける印なのか、それとも織る時につける印なのかはちょっとわからないそうです。ご存知の方がいらしたら教えてください。)
「へえ~、反物のはじを見るだけでいろんなことがわかるもんですねえ」
と感心する私に、たこQ氏がこう言いました。
「でもね、これはそれほど手の込んだ織り方ってわけじゃないのよ。それが判断できるのはね……」

……というわけで、「反物の見方」次回に続く 。

(6月21日 たこQ氏の訂正を受けて、数カ所訂正いたしました。この記事はは友人の談話に基づいていますが、私の理解のうえまとめていますので、文責はきーろんです。読者の方で、誤りなどに気づいた方はコメントでご指摘いただければ幸いです」。確認のうえ訂正いたします。



この記事のURL | 反物の見方 | comments(8) | trackbacks(0) | top ▲
これってどんな反物よ? 黄色の紬(1)
和裁友達のたこQ氏(相当な着物オタク)に「反物の見分け方」を聞いてみたら、ものすごい勢いで語り始めました。私も一生懸命聞いてはいたものの、やはり現物を見ながらでないとわかりにくい……ということで、うちにある反物を見てもらって、どこを見ればどんなことがわかるのかを教えてもらいました。

●ケース1 黄色の紬反物
tannmono.jpg

●和裁の教材用にと知人にいただいたもの。黄色地に緑の線で麻の葉っぽい模様(破れ麻の葉?)が織ってある。生地は厚みがあって素朴な感じ。色柄の雰囲気はかわいくて気にいっているが、正直なところ安物ではないかと思っている。というのは、模様の織り方が大雑把でいい加減に思えるから。証紙はついていないが織りはじめのところに「山家紬」という文字が織り出してあるのがわかる。

私「これなんですけど、どうなんでしょう? 私には模様の出し方が雑なように思えるんですが……」
たこQ氏「う~ん、でも、これは機械じゃなくて手織りだし、あくまでも普段着としてだけど、そう悪くない反物だと思うわよ。」
私「機械じゃなくて手織りってのは、どこを見ればわかるんですか?」
たこQ氏「ポイントはいくつかあるんだけどね、まずこの織り出しのところを見ると……」

おおお、なるほど……こういうところで見るのか! ということで目からウロコの反物解説、次回に続きます。
この記事のURL | 反物の見方 | comments(0) | trackbacks(1) | top ▲
Back | Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。